紙袋のサイズは利用用途に応じたものを選択するのが重要

看板

用紙の種類に注目

オーダー紙袋を制作するときは用紙の種類にも気を配る必要があります。クラフト紙はナチュラルな印象でコストが安いという特徴があります。表面加工を施したコート紙は、高級感があって印刷したとき発色が良いのがメリットです。

詳しく見る

看板

様々な宣伝方法

看板の宣伝効果は多くの企業が利用するほどの実績があります。またほかの宣伝方法にくらべ低コストで行えるのも大きなメリットになります。看板を設置する地域を前もってしっかりとリサーチすることで失敗も少なくなります。

詳しく見る

紙袋

多種多様な会社があります

実績のある会社は経験豊富なノウハウを持っているため、要望にあった看板を作ってくれる可能性が高いです。なお、あとからトラブルがないよう見積もりは必ず確認してください。時間が経つにつれ老朽化も進むので、無料保証やアフターフォローが充実している会社を選ぶと安心です。

詳しく見る

目的に応じて大きさを選ぶ

紙袋

強度も考慮する

紙袋のサイズを決める際にまず大切な事は、その紙袋に何を入れるかです。例えば特定の製品に限られる場合であれば、その大きさに合わせれば良いでしょう。そうでない場合は複数のサイズを準備しておき、入れる製品に合わせて紙袋のサイズを都度変更するなど、柔軟に対応出来るよう準備する必要があるでしょう。また、紙袋そのものの宣伝効果を狙う場合は、上記の限りではないケースも考えられます。例えばブランドロゴを大きく印刷すれば宣伝効果が得られそうですが、そのためには、紙袋自体がある程度のサイズを有している事が大切でしょう。さらに形状も重要な要素であり、製品に合わせた形状にするのか、あるいはデザインを重視した形状にするのか、紙袋の目的に合わせて良く検討するべきです。サイズを決める場合に忘れてはならないのが、紙袋の強度です。特に大型になるほど高い強度が必要になる傾向にあるので、使用する紙の厚みや材質による強度の違いを、予め業者に確認します。また、持ち手部分にも相応の強度が求められるので、こちらも太さや材質選びに注意しましょう。このように、紙袋はデザイン以外にもサイズ選択がとても重要な要素となります。上記のような基本的な知識を押さえ、利用目的に合わせた形状や強度を持った紙袋を制作しましょう。豆知識としては、世の中に存在している紙袋を参考すると良いです。町中を歩いているだけで様々なサンプルが確認出来るので、注意深く観察してみましょう。