紙袋のサイズは利用用途に応じたものを選択するのが重要

アピールができます

看板

心の残りやすいもの

よく知っている地域で車で信号待ちをしていると、無意識のうちに周りの掲示物や看板に目が行くものであり、意識しなくともなんとなく心に残っているのものです。そして、何かのきっかけで、その看板に記載されている対象物と出会うと、これまでの無意識とつながり、強く印象を残すことになります。一方で、知らない地域で車で通行しているときに、対象店舗を探しているときには、わかりやすい看板が目につくと、立ち止まるきっかけになるものです。また、その近くに店舗がない場合でも、この先、いくつ目の信号を右折、といった説明が書かれている場合、詳しい地図を書かなくてもたどり着くことができるものでもあります。看板はその店の象徴であり、飲食店であれば肉や魚の絵が描かれていれば、料理を想像することができます。看板が大きければ大型店舗を想像し、こじゃれた看板を見れば、見た目にこだわった店内を想像することができます。このように、看板はその店舗の特徴をあらわしたものであることが多く、自然とお客へのアピールになっているのです。看板の方式としては、新たに一から基礎から作り上げるタイプのものや、広告専用の既製品の場所を借りる方式があります。独自の高さや大きさにこだわりたく、資金的にも十分に余裕があるときには前者のような方式を採用し、急いで看板を出したいときや、一から立ち上げるには資金が不足している場合などは、後者の方式を採用など、自在に調整できるメリットがあります。