紙袋のサイズは利用用途に応じたものを選択するのが重要

用紙の種類に注目

看板

クラフト紙とコート紙

オリジナルの紙袋をオーダーする場合、形やサイズも大切ですが、用紙の材質も出来上がりのイメージに大きな影響を与えます。デザインと用紙がマッチしていないと、ちぐはぐな印象のオーダー紙袋ができてしまいます。一般に紙袋を制作するとき使える用紙には、大きく分けてクラフト紙とコート紙があります。それぞれの特徴と使用目的を考えてオーダーすることが大切です。クラフト紙はざらざらした手触りをそのまま残している紙で、ナチュラルなイメージがあります。コストが比較的安いという特徴があり、大量に制作するには向いています。また環境に優しいことをアピールしたいときには、コート紙よりも有効な手段になるでしょう。クラフト紙にも未晒し・半晒し・晒しなどの種類があり、色はそれぞれ茶色・薄茶色・白になります。ロゴなどを印刷するときは、白いほど発色が良くなります。またコニーラップは紙自体に着色してあるクラフト紙で、さまざまな色からオーダーすることができます。コート紙は表面をプラスチックで加工してツルツルにした紙です。コストはかかりますが、なんといっても高級感があり、ブランドショップなどの紙袋に最適です。印刷したときの発色はクラフト紙よりも優れており、カラフルで精細なロゴを印刷できるというメリットもあります。加工次第で強度を増したり、より高級感を出したりできる一方、コストを下げることも可能で、各種イベント用の紙袋としても採用されています。